• ホーム
  • メインテートは心臓を選択して効果を発揮する

メインテートは心臓を選択して効果を発揮する

2019年08月07日
老人の診断をしている女性の医者

メインテートは心臓の拍動を抑制して血圧を下げる高血圧治療薬で、狭心症の発作を抑えたり不整脈の薬としても使われています。
メインテートの主成分ビソプロロールフマル酸塩が、拍動を促すカテコールアミンが心臓のβ受容体に到達するのを遮断して心拍数の上昇を防いで血圧を上げないようにするため、β遮断薬あるいはベータブロッカーと呼ばれています。
メインテートが遮断するのは心臓のβ受容体のみで気管支の働きは阻害しない心臓選択性というタイプであることから、気管支への副作用が少ない薬とされています。

心臓の拍動が活発になることで高血圧が引き起こされるのは、心拍数が多くなると血管に送り出される血液量も多くなって、血管に多くの血液が溜まって血管の壁を押すために圧力が高い状態になるためです。
そのため過剰な拍動を抑えれば血圧を下げられることになり、メインテートは拍動を促す指令であるカテコールアミンが心臓を動かすβ受容体に届くのを遮断することで血圧が上がるのを抑えます。

β受容体には心臓のβ1受容体と気管支のβ2受容体があり、メインテートのビソプロロールフマル酸塩が遮断するのはβ1受容体のみで、気管支には影響を及ぼさないため気管支への副作用が出にくく、呼吸器系疾患がある人の高血圧治療にも使われています。
β遮断薬にはβ1受容体とβ2受容体の両方に働くタイプもあり、症状や高血圧以外の持病の種類等によって使い分けられています。

血圧を下げる薬にはメインテートのようなβ遮断薬のほか、α遮断薬という血管のα受容体にカテコールアミンが到達するのを防いで血管の収縮を抑制し血圧を下げるタイプもあります。
α遮断薬にはカテコールアミンをブロックする作用のほか、カテコールアミンそのものの生成も抑えることで血圧を下げる効能も持つとされます。
さらにコレステロールや中性脂肪を低下させる効果も持っていることから、肥満やメタボリックシンドロームの人に有効と言われています。

メインテートの使用を気をつけるべき人

主成分ビソプロロールフマル酸塩の働きで心臓のβ1受容体のみ遮断して心拍数が上がるのを抑えて血圧の上昇を防ぐメインテートは、気管支のβ2受容体を阻害しないことで気管支に副作用が出にくいとされていますが、気管支ぜんそくや気管支けいれん、慢性気管支炎などの持病がある人には処方されないことがあります。
特にぜんそくの発作が心配される人は、メインテートが気管支を収縮させることで発作を誘発する恐れがあるため特に注意が必要とされます。

血圧を効果的に下げる薬であるため日ごろから低血圧の人が服用することが危険なのはもちろん、低血糖症の人も気をつけるべきと言われ、65才以上の高齢者もそれ以下の年齢の人よりも副作用が出る確率が高まることから処方が慎重に行われます。
メインテートは過剰な拍動を抑えて効果を発揮する薬ですが高齢の人は脈拍が減少し過ぎて起こる徐脈になりやすいことと、過度の降圧を行うことで高まる脳梗塞のリスクにも注意する必要があります。
小児への安全性も確立されていないということで、使用される際は慎重に投薬されます。

メインテートの使用で最も気をつけるべきは妊娠中の人で、原則的に服用してはならない禁忌の薬となっています。
ベータブロッカーとしての作用が胎児にまで及んで徐脈が生じたり血糖値が下がるなどの悪影響が出てしまいます。
妊娠中の高血圧治療には、新生児の低血糖が起こらないとされる別のタイプのベータブロッカーが処方されます。
授乳中の人もメインテートは避けるべきとされ、妊娠中にも服用できるタイプと同様の薬か、授乳中の人が服用しても安全とされる別のβ遮断薬が使われますが、いずれも医師が診察した上で処方され用法用量を厳守して服用すべき薬です。

関連記事
頻尿と高血圧と腎臓の密接な関係

腎臓の働きと言えば、血液をろ過し、体内にたまった老廃物や余分な水分を排泄することや、造血ホルモンの分泌をすることにより骨髄で赤血球が造れるようにすること、また血圧のコントロールや体液量などのバランス調節にもかかわっています。それだけでも頻尿や高血圧と密接な関係であることがうかがわれます。この腎臓機能...

2019年09月30日
降圧剤の購入方法はどうする?

降圧剤とは血圧降下剤とも言い、高血圧である状態を緩和させるために使用する薬のことを言います。高血圧の状態が続くと、体内の血管が損傷し、それが引き金となって他の様々な病気を引き起こす可能性があるため、高血圧の人はこの降圧剤を服用することが望ましいのです。この降圧剤ですが、一般的には病院に行き医師による...

2019年09月05日
高血圧を改善してくれるサプリはあるのか

高血圧にはサプリで対処することも可能です。病院で処方されるものと同じような効果が期待できる栄養素を摂取することで、軽度の高血圧には対処できます。もちろん、食材からも摂取できますが、効率的な補給を考えると、サプリを使用すると便利でしょう。まず、カリウムは利尿を促進することから、体や血液の余分な水分の排...

2019年08月11日
ACE阻害薬のオルメテックは妊婦注意!

ACE阻害薬の一つにオルメテックという薬があります。オルメサルタンという成分を含む薬で、高血圧症に対して用いられるのですが、これは妊婦は要注意です。要注意といっても注意して服用を続ければよいというような意味ではなく、はっきり言えば服用してはいけないとされている薬です。おそらく、医療機関でオルメテック...

2019年08月05日
カルシウム拮抗薬ノルバスクについて知る

高血圧の治療薬として血圧を下げる効果を持つものを降圧薬と呼びます。カルシウム拮抗薬ノルバスクはこうした降圧薬の一つです。カルシウムは心臓の筋肉や脳の神経細胞の働きをコントロールするなど、生命にかかわる非常に重要な役割をしています。食事のバランスが崩れることで、カルシウムの摂取量が不足すると、体が危機...

2019年08月03日